AGF�X�e�B�b�N�R�[�q�[�uStick�~Stick�v

スティックの達人 働く女子の癒しサロン

カテゴリ

イラストレーター むらたさんの話が続くわよ【後編】

それにしても、むらたさんは肩がコッてるわ bearing bearing 。仕事が忙しいのかしら wobbly ?

「そうですね。徹夜がしょっちゅうなので。雑誌の仕事って、最初は編集さんから説明を受けて、誌面の中のこの部分に、このくらいのサイズのイラストを描いてね、という注文が来るんですが、一度に10点くらいどっとまとめて頼まれるんです。1週間ぐらいで完成させますが、その間に下書きを一度見てもらって、修正が入るなどやりとりがあるので、ずっとデスクワークが続くんですよ」

「私は色鉛筆や水彩絵の具、マーカーを使う手描き派なので、修正に時間かかるんです。パソコンで描けば修正も楽なんですが、手描きの方が色のぼかしが繊細に表現できて、格段にやさしいテイストになるんです。私に注文を下さる方は、気持ちが和むようなあたたかいテイストを希望されるので。どんなに手間がかかっても手で描くことだけは譲れないですね」

 

あたしは、OLさん御用達のマッサージサロンで店長やってるゆか りhappy01。3月に入って、春はもうすぐって感じね tulip 。今日も、店に来てくれたステキな女子の話を紹介するわ wink  wink wink

 

今回のお客さん むらた さき さん 27歳 イラストレーター【前編】

短大の幼児教育学科を卒業した後、絵本作家の道をめざして上京。コツコツ作品を作ってギャラリーで展示をするが、絵本作りの第一歩として絵を描く仕事を勧められ、フリーランスでイラストレーターの仕事を開始。雑誌やwebのイラスト制作のほか、オリジナルのグッズ販売もはじまり、活動の幅が広がっているところ。

むらたさん前編写真

むらたさんはイラストレーターなのねshine。どんな仕事をしているの?

言語聴覚士 松原さんの話が続くわよ【後編】

病院で毎日、患者さんの訓練をしてるのね happy01

「20名くらいを担当しています。高齢者の失語症の患者さんが多いです。失語症というのは、脳梗塞などを起こした時、脳の中の言語をつかさどる部分が傷つくことがあって、それが原因で起こります。そうすると、読む・聞く・話す・書くことがうまくできなくなるんです」

言葉が使えなくなるなんて  wobbly  wobbly 。がんばって up元に戻さなきゃ。

「失語症になると、まるで外国語を聞いているような感覚になるらしいです。訓練には専用の道具があって、絵や文字が入ったカルタのような「絵カード」を使います。それを見てもらいながら、言葉を思い出すよう、根気よくトレーニングを続けます」

松原仕事道具65

「このほか、言語聴覚士にはもう一つの仕事があって、上手に噛めない・飲み込めない方のための訓練もします。口やあご、舌の筋肉を動かしたりマッサージをしたりして、回復を手助けします」

食べる riceballrestaurant ことと、しゃべることkissmark は、どちらも大切よね。

あたしは、OLさん御用達のマッサージサロンで店長やってるゆかり happy01  happy01。ゴールデンウイーク sun clover はみなさん満喫したかしら。今日も、店に来てくれたステキな女子の話を紹介するわね note

今回のお客さん 松原早喜子(まつばら さきこ)さん 29歳 言語聴覚士【前編】

高校時代、音楽を通じて病気を持つ方とコミュニケーションを図る「音楽療法」に出会い、それを学べる大学へ進学。卒業後、老人向け施設などを持つ社会福祉法人に勤務。「読む・聞く・話す・書く」が不自由な患者、うまく口が動かず食べることのできない患者の機能回復訓練を行う「言語聴覚士」をめざし専修学校に入学し資格取得。現在は病院に勤務し、患者さんを相手に、ときに厳しく、ときに優しくリハビリを指導。

松原カップなし

松原さんは言語聴覚士さんなのね shine。病院 hospital でお医者さんや看護師さんにはお世話になるけど、言語聴覚士さんには会ったことがないわ。

「言語聴覚士は12年前に国家資格の制度になったんです。毎年徐々に増えていて、全国に1万5,000人くらいますよ。8割くらいの人は病院に勤めていて、病気やけがが原因で、言葉を「読む・聞く・話す・書く」ことが不自由になった方などに対し、リハビリを行います」

Stickドリンクバー オフィスパートナー
原田さん

原田さんのカフェオレ講座

1時間目 アイスカフェオレの作り方講座

2時間目 ホットカフェオレの作り方講座

3時間目 あなたにぴったり!カフェオレ講座

スティックレシピ