AGF�X�e�B�b�N�R�[�q�[�uStick�~Stick�v

スティックの達人 働く女子の癒しサロン

カテゴリ

あたしは、OLさん御用達のマッサージサロンで

店長をやってるゆかり happy01 happy01

 

毎日暑い日が続くけど、夏バテなんかしていないかしら sweat01

こんな季節は、フレッシュな野菜や果物をたくさん食べて、

元気とキレイをチャージしたいわよね!happy02

 

そこで今日は、ベジフルビューティーアドバイザーの

生井理恵さん(33歳)を紹介するわね heart04

117profile1.jpg

「ベジフルビューティーアドバイザーは、野菜と果物の専門家です。

講師として、勉強会やイベントに招かれ、

野菜や果物の知識をお教えしています。

どんな食べ方をしたらいいか、

健康や美容の観点からレシピを考案し、

紹介することも私の仕事です」

 

野菜や果物 apple って、女子の好物よね!

おいしいだけじゃなく、ヘルシーだもの clover

専門家になろう!と思った、きっかけを教えて happy01

 

「私の父が糖尿病を患ったとき、

お医者様に勧められて、

家での食事を野菜中心に切り替えたんです restaurant

それにより、父の体調が快方に向かったのはもちろん、

一緒に食事を取った私の肌の状態までどんどん良くなっていって、

野菜のパワーに驚いたんです」

 

どんな変化を実感したの?happy01

 

「その頃の私は、吹き出物や肌荒れに悩んでいたんですが、

食生活を変えることで健康な肌になりました。

その後、勉強をしてわかったのですが、

野菜の繊維質が便秘体質を改善し、

肌の状態を変えてくれたようです」

 

スゴーイsign01

エステに行ったり、高いお化粧品を使わなくても、

食事を変えるだけで、お肌がキレイになったのね shine

 

「野菜や果物の素晴らしさを伝える仕事がしたい!

そう思うようになり、専門資格の「ジュニア野菜ソムリエ」を取得。

さらに、野菜と果物が持つ美容効果について

専門的に学んだ人に与えられる

「ベジフルビューティーアドバイザー」の資格を取りました」

117lecture5.jpg

今は講演活動をして、その知識を伝える仕事をしているのよね shine

どんなお話をするのかしら karaoke

 

「基本的な知識、

例えば一日に必要な野菜の量は350g

といったことは、必ずお話をします。

そのほか、実際にお買い物の際に使える知識として、

おいしい野菜と果物の見分け方もレクチャーします。

覚えて帰ってもらえるよう、写真やイラスト、実物を使って

具体的に説明をしているんですよ」

 

役立つ知識を教えてくれるのね good

 

「受講生の層に合わせたテーマを設定して、

専門的なお話もさせていただきます。

若い女性ならアンチエイジングに効果のある野菜を紹介したり、

主婦の方には「食育」をテーマに、

子供の野菜好き嫌いの克服法を話したりします」

 

食べ物についての講演だから、女性 virgo の受講生が多いのかしら?

 

「ビジネスマンや経営者など、

男性が集まる健康教室に招かれることも多いんですよ。

お酒 beer を飲む機会が多い方たちなので、

どんな野菜が肝臓にいいのか、という話をすると、

とたんに目つきが変わり、質問の手が次々上がるんです。

性別・年代・職業で、健康上の悩みや関心事は大きく違うので、

どんな質問にも応えられるよう、

事前の準備をしっかりするようにしています」

 

野菜や果物の大切さはわかっているけど、

実際は、不足気味の人も多いわよね despair

 

「毎日、十分な量を摂るが無理なら、

1週間単位、1ヶ月単位でクリアしようと、

大まかに考えてもらえればOKです。

大切なのは、野菜と果物を食べる生活を、ゆるく長く続けること。

ストイックになると、食事の時間が、楽しくなくなっちゃいますからね」

 

うんうん wink

楽しく、おいしく食べるのが第一よね!restaurant

117lecture3.jpg

講演をよりよくするために、努力していることってある?happy01

 

「受講生の皆さんは情報にとても敏感。

食と健康の知識に詳しい方も多いので、

どんな質問にも応えられるよう、専門的な勉強会に参加したり、

女性誌や健康・ダイエットに関する書籍などをチェックしています」

 

講師の立場でも、常に勉強 pencil を欠かさないのね。

偉いわ!happy02

 

「それと、もう一つは、

自分自身が健康でいることが大事だと思うんです。

実は今年、出産を体験したのですが、

産前産後は、やはり体調の変化が大きかったんです。

こんなときこそ、専門家としての知識を活そう!と思い、

食事を調整して、快適に過ごせるよう工夫をしてみました」

 

例えば?happy01

 

「産後はむくみやすく、足がパンパンになってしまい、

外出もままならなかったんです。

そこで、水分を排出する効果のあるスイカを毎日食べ、体調を整えたんですよ」

 

次回は、食の知識を伝えるために、どんな工夫をしているか聞いてみるわ。

夏にお勧めの野菜レシピも教えてもらうわね happy01