女性が急に現金を必要になった場合の対処法をご紹介します。

女性に多い急な出費の理由とは?主な解決法

女性は遊び、生活、買い物など急な出費で現金が必要になる場面が多いです。
定番の理由や場面は以下のとおりです。

 

結婚式

結婚式のネイル

女性は男性に比べて初婚年齢が若く、結婚式に立て続けに招待されることが多いです。
女性の場合はご祝儀や二次会の会費だけではなく、ドレスやヘアセットなどの身だしなみにもお金がかかります。

 

旅行

旅行の荷物

男性に比べても友人同士で旅行に行く需要が高く、海外旅行も人気です。
友人に誘われるとお金のない時でもなかなか断れないものですし、金欠を理由に断るとずっと後悔してしまうことがあります。

 

買い物

ショッピングのイメージ

本当に気に入った洋服、バック、アクセサリーはなかなか見つからないもので、理想の品と出会ったタイミングやセールなどのタイミングが重要です。
お金がないときでも今しか買えないものは思い切りが重要になります。
また、主婦は自分のために使えるお金がなく、旦那に内緒でお金が欲しいと思う場面が多いです。

 

家のこと

洗濯をする主婦

結婚している人は、家計を握っていて自分で家の設備故障や各種支払いを工面しないといけません。
1人暮らしの人は急なトラブルが起こった時や必要な物が出た時に、男性のように行動力を活かして節約することが難しく、お金を使って解決するしかありません。

 

医療費

処方箋のお薬

女性特有の疾患が多く、男性に比べて病院にかかる機会が多いです。
乳がんが気になって検診を受けたり、生理痛や片頭痛をはじめ、女性比率の高い慢性疾患など、病院にかかる理由は様々です。
簡単な受診は保険適用で安くできますが、検査を伴ったり自費治療になると想像以上の出費になってしまうことがあります。

 

ピンチを乗り切る方法

金欠でピンチになった時の対処方法で役に立つのがクレジットカードです。
買い物や旅費などカードで対処できることがあれば、分割払いなどを活用して対処しましょう。
1回払いにしていたカードの支払いがキツい時は、事前にカード会社へ連絡することでリボ払いに変更できる場合があります。

 

しかし、結婚式のご祝儀、旅行、各種支払い、医療費など現金でないと対処できないことが色々あります
クレジットカードのキャッシング機能を使って対処することもできますが、限度額設定が低いですし女性はクレジット機能なしでカード発行している人が多いです。

 

カードでも対処できず、現金を必要にする場面でピンチを乗り切る方法を紹介します。

 

売れそうな物を売る

貴金属

貴金属、ブランドのバッグや財布、洋服を持っていたら、売って現金調達する方法があります。
質屋や古着屋などお店を利用すれば、すぐに現金買取してくれます。
時間に余裕があればメルカリなどのフリマアプリを活用してもよいでしょう。
高く売るコツや注意点などを詳しく解説しています。

 

派遣や夜の仕事での日払い

水商売のイメージ

女性は事務職やパート、バイトなどの非正規労働者の比率が高く、残業はないけど給料の低い仕事が多いです。
時間に余裕がある場合は、副業で派遣や夜の仕事での日払いを受け取る方法があります。
女性は男性のようなガテン系の日払い勤務がないので、まともな仕事は給料日が翌月払いになってしまうことがあります。
日払いが必要な場合は、お酒を注ぐなど夜の仕事だと対応しているところが多くて単価が良いです。
日払いなどの単発勤務で現金を調達する方法をご紹介しております。

 

クレジットカード現金化

クレカ現金化のイメージ

クレジットカードを持っていて、キャッシング枠は余っていない、もしくは機能自体がないけどショッピング枠だったら余っている人にオススメの資金調達法です。
ショッピング枠を使って決済して、購入した商品に対して買取やキャッシュバックで現金を振り込んでくれるサービスが普及しています。
買う商品は実際のところ価値がほとんどないものです。
クレジットカードはショッピング枠をそのまま現金に変えると規約違反になるのでショッピングした実績を作ることでカード規約違反を回避する裏技のようなものです。
手数料がかかって、業者選びをしないと危険などデメリットもありますが、当サイトでは注意点を含めてクレジットカード現金化の活用事例を詳しく紹介しています。

 

親や友人に借りる

親に悲願する女性

この方法は避けたいと思っている人も多いでしょう。
女性は男性に比べて親に心配をかけたくないという気持ちを持っているものです。
友人から借りるのも、その友達との友情だけではなく悪い噂が周囲に広まってしまう可能性があります。
効果的な場面と、身内から借金する時に持っておくべき心構えなど、当サイトでは借りる交渉術ではなく人間関係を壊さないテクニックを中心に解説しています。

 

消費者金融を利用する

消費者金融の審査を受ける女性

ある意味、現金が必要な時に資金調達する正攻法です。
借入する金額にもよりますが、少額の利用で安定した収入があれば、審査に通る可能性は高いです。
しかし、消費者金融は在籍確認や自動契約コーナーへの出入りを目撃されるなど、周囲から借金していることがバレて噂になるリスクがあります。
女性の場合はすぐに「ホストにハマっている」、「男に貢いでいる」、「良い洋服やアクセサリーを身につけているのは背伸びしている」など、あることないことが噂になってしまいます。
大手を利用すれば業者相手にトラブルを起こすリスクは少ないですが、女性の場合は消費者金融の利用がバレた時のリスクが大きいです。
消費者金融の危険性を理解した上で慎重に検討してください。

 

 

page top