親や友達にお金を借りる時は返済期限を提示して遅れずに返すのが常識です。

親・友人にお金を借りる方法

土下座する女性

親や友人に頼ることを選択肢に入れている人は、人間関係によって変わる状況をしっかり見極めてください。
軽い気持ちで相談するのではなく、相手の気持ちをよく考えて慎重に検討しましょう。
親や友人からお金を借りることに抵抗を感じているのであれば、見送った方がいいです。
事情を話せばケンカや言い争いに発展することはなくても、お金の相談をしたことによって相手との関係が悪い方向に行ってしまうケースがあります。
多少のコストをかけたり、身を削ることによって対処できる方法があれば、周りに迷惑のかからない方法で対処することをオススメします。

 

お金を借りる時の心構え

親や友達からは利息なしでお金を借りることができますが、信頼関係を崩してしまうリスクがあります。
お金を借りる行為のネガティブなイメージを完全に払拭することはできませんが、相手に不信感を与える言動をしない配慮を求められます。
気持ちよくお金を貸してくれる相手であっても、以下の心構えと注意点を踏まえて慎重に検討してください。

 

嘘をつかない

嘘をつかないイメージ

身内からお金を借りる時は理由が必要です。
その際に絶対に嘘を付いてはいけません。嘘をつかないと借りられないような理由であれば、他の方法で対処するべきです。
一度嘘を付いてお金を借りると、悪い癖がついてどんどんエスカレートしてしまうケースが目立ちます。

 

遊びを控えて節制する

自宅に引きこもる女性

親からお金を借りた場合は、夜遊びはせずに、なるべく早く帰宅するようにしましょう。
友人からお金を借りたら、他の友達と遊ぶことを控えた方が良いです。
特に最近はSNSの投稿を見て、「私からお金を借りているのに、他の人と遊んでいるのはおかしい」と不信感を抱かれるケースが増えています。
お金を借りている時はSNSの投稿を控えるようにしましょう。
ほかにも、新しい洋服やバックを買う行為も控えた方がいいです。
実際にはお金を使わない遊び方をしていても、お金を貸した人から見れば節制していない姿に見られて不満を持たれます。

 

友人にお金を借りたらお礼をする

感謝のメッセージ

お金を借りる時は期限を事前に提示して、遅れることなく返すのが常識です。
約束を守ったとしても、関係をリセットできるものではありません。
親であれば借りる時だけではなく、返す時もしっかりお礼の言葉を添えましょう。
友達からお金を借りた場合は、ちょっとしたお礼も添えるようにしましょう。
利息分などお金をプラスするのは嫌味になるので、スタバのギフトカードや、お菓子などのちょっとした小物を添えてお金を返すようにしましょう。
もちろん、物でのお礼に加えて、言葉でのお礼も忘れないようにしましょう

 

相手の気持ちを考える

複雑な友人関係

あなたが突然、友達や家族からお金を貸してほしいと言われて、手元の現金が少なくなったらどう思いますか?
返ってくるまでは不安な気持ちになりますし、手元の現金がなくなることで節約しないといけない場面も出てくるかもしれません。

 

約束通りに返済したり、お礼を添えたとしてもお金を借りる行為は相手から見て気分の良いものではありません
本当に必要な時の最終手段だと考えて、一度お金を借りたら、その後は繰り返さないようにしましょう。

 

一度お金を借りた時点で、「この人はお金を持っていない」という悪いイメージを持たれて遊びの誘いを受けにくくなることもあります。
お金を借りた相手に対しては、返した後も金欠を理由に遊びを断わる行為は控えて、お金に困っているイメージを払拭する努力をしないといけません。

 

page top