携帯料金の見直しをすることによって大幅な節約が可能になります。

携帯料金の見直しで大幅な節約が行える

2008年頃、日本においてiPhoneが発売するようになって以来、ものの10年程度で携帯業界の常識が大きく変化しました。
生活する上で便利なアイテムが生まれ続けることは大切です。
しかし、時代はより便利な方向へと進む中で、スマホの性能に比例して“通信料金”が値上がりし続けている点は気になるところです。

 

私達の生活に欠かせないスマートフォン

 

実際、大手キャリア3社でスマホを不自由なく利用しようと思えば、月に10,000円を超えるケースは珍しくありません
今や生活に欠かせないアイテムとなったスマホを手放すことはできませんが、なるべくなら安く済ませたいものです。
まずは、ご自身がどのような契約でスマホを利用しているか見直すことで、携帯電話の通信料金を節約していきましょう。

 

見直すことで携帯料金が節約できるポイント

 

月額料金を見直そう

 

オプション契約の確認

携帯電話を便利に利用するために、契約の際には各社オススメのオプションを同時に提案してきます。
中には、割引やキャンペーンを理由に事実上の関係で加入必須のような場合もあります。

 

そのため、最初に契約したときに言われるがまま加入していた“使用していないオプション”が放置されているケースは珍しくありません。
一定期間加入したプランはデメリット無く解約できる場合がほとんどですので、断捨離しましょう。オプション程度なら来店せずともウェブ上で可能です。
これだけでカンタンに1,000円近く料金を下げられます。

 

根本的な料金プランの見直し

携帯電話を契約する場合は、大きく分けて「通話」と「データ通信」の2つの観点からプランを決定していきます。
データ通信はウェブやアプリの使用に応じて“GB”の大きさを契約する形です。
メールやブラウジング程度なら上限が低い容量に見直すことで節約ができます。

 

また、通話に関しては「かけ放題プラン」や「○分以内なら何回でも無料」といったプランが用意されています。
通常30秒で20円ほどの料金がかかるので一見お得に見えますが、電話をほとんど掛けない人なら最低限のプランでも大きく損はしません。
通信料等の情報はウェブの会員ページで確認できますので、まずは自身の利用状況を振り返ってみましょう。

 

大本命はSIMフリースマホへの乗り換え

 

SIMフリースマホへの切り替えを検討してみよう

 

まずはご自身で加入しているキャリアのプランを見直す必要があります。
その上で、現状で最も携帯料金を抑えられる手段として有効的なのが“SIMフリースマホ”の活用です。

 

これまでの通信業界は大手3キャリア以外の独占状態でしたが、時代がスマホに切り替わってからは数多くの“格安で通信”を行える事業者が見受けられるようになりました。

 

SIMフリースマホに切り替えると月々の携帯料金が半額になることも珍しくありません。
キャリアで購入したスマホでもSIMロック解除という手続きを行えばカンタンにSIMフリースマホとして利用できます。
各社がキャンペーンに乗り出す今こそ、利用しておきたいサービスなのではないでしょうか。

 

節約家が警戒したい趣味について

page top