女性は男性に比べて悪い噂が広まりやすいので消費者金融の利用は慎重に!

消費者金融の借金は危険!?

消費者金融から借りる行為は、審査に通ることと職場の立場や役割によっては効果的です。
しかし、女性は在籍確認や契約手続きがネックになって、周囲に借金していることがバレる危険性があります。
男性に比べて女性は悪い噂が広まるリスクが高いので慎重に検討してください。

 

消費者金融でネックになる在籍確認

電話対応する女性

キャッシングの審査では、申込情報で申告した勤務先に在籍しているのか電話確認が行われます。
会社名、金融機関名は伏せて審査センターの担当者が個人名で職場に電話をかけてきます。
本人が電話に出るか、他のスタッフが応対して「○○は本日お休みを頂いています」などと回答があればクリアできます。
普段から自分宛に電話のかかってくる立場であれば問題ないですが、事務職や販売スタッフなど個人から電話のかかってくることのない人は注意しましょう。
職場の電話応対するスタッフは頻繁に在籍確認の電話を受けています。個人名での電話でも在籍確認だと勘付かれてしまうことがあるので注意しましょう。

 

電話応対者と仲が良ければ、「電話かかってきたけど、どうかしたの?」と確認をしてくれるので、クレジットカードに申込をしたと言い訳すれば自然です。
しかし、女性の職場は本人に確認せずに、「あの人、借金しているっぽいよ」と悪い噂を広められてしまうリスクがあります。
さらに貢ぎ癖がありそう。お金にルーズなど、あることないことを言われて話を大きくされてしまうケースもあります。

 

消費者金融を利用する時は、在籍確認の連絡をする時間を事前に指定して、自分か仲の良いスタッフが応対できる時間に対処しましょう。
最短30分のスピード審査を売りにしている大手を使っても、在籍確認がネックになって借入まで時間がかかったり手間を取られることがあります。
在籍確認は消費者金融だけではなく、銀行系カードローンなどキャッシングサービス全般で行われています。

 

在籍確認以外でも周囲に借金がバレる

ATMを使用する男性

在籍確認のほかに、自動契約コーナーへの出入りや契約書類の郵送によって家族や知人に借金がバレてしまうことがあります。
大手消費者金融は駅周辺など好立地に多数の無人契約コーナーを持っていますが、好立地ゆえに目撃される危険性があります。
また、知人でなくても通行人から出入りする姿を白い目で見られることを嫌がって消費者金融を使わない人もいます。
昨今は、Web完結申込に対応するキャッシングサービスも増えていますが、利用するサービスを見極めないと、契約後に自宅へ契約書類や確認書類が届いてしまうこともあるので注意しましょう。

 

審査、契約、在籍確認不要で借金したい場合は、現在持っているクレジットカードのキャッシング機能を活用すると便利です。
借入する機会が多い場合は、契約時に一度だけ審査と在籍確認を行って、その後はATMから限度額の範囲内で借入を繰り返せるカードローンを利用すると便利です。
持っているクレジットカードのキャッシング枠では対応できない場合や、1回のみでも在籍確認や契約手続きがネックになるなら、審査と在籍確認不要で利用できるクレジットカード現金化という方法もあります。

 

 

page top