交際費は節約しづらい費用なため、まずは必要な金額を計算しましょう。

節約したくとも難しい交際費

交際費は他人から見ると「実は不要なのでは…?」と思われがちですが、支出する本人からすると最も重要といっても過言ではないほど重いウェイトを占めている費用です。
かといって、1回の外出における費用は決して軽視できません。
誰しも人付き合いに影響を与えない程度に節約したい気持ちがあるものです。

 

自らの家計としっかりと向き合うためにも、まずは冷静にどれくらい交際費に必要になるか考えましょう。
その上で、交際費を節約するならば何よりも「相手を嫌な気分にさせない」という前提を大切にし、実践できる節約方法に取り組むことが大切です。

 

交際費の節約の有効的な手段

スマホ決済で自ら幹事を務める

飲み会後の集金作業は非常に手間で、お金だけでなく貴重な時間まで奪われる“削減したい時間”です。
そのため、時間の節約を理由にまずは自ら幹事を名乗り出ましょう

 

会計の際は、スマホ決済で全員分一気に支払ってしまうことで“スマホ決済限定のクーポン”が利用できます。
スマホ決済は割引のキャンペーンが多い上に、支払いによってポイントを貯められます。
集金は後から送金して貰えば簡単に解決できるため、非常に有効的な節約手段です。

 

ホームパーティをする

ホームパーティで楽しく節約

交際といえば飲食店に出向くイメージが先行しがちですが、友人を招き入れて自宅で食事を行う形式も珍しくありません。
食材を持ち寄れば一人あたりの食費は圧倒的に低価格で済み、調理体験を通じて会話が弾むきっかけを作り出せます。

 

オンライン飲み会をする

遠隔地に住んでいる友達と遊ぶ際にホームパーティが難しい場合は、思い切ってどちらも外出せずにオンラインビデオ通話サービスを利用して、「オンライン飲み会」をする方法がオススメです。

 

費用の面では自分の裁量で支出を調整できるのはもちろんのこと、外出しないために交通費も被服費も必要ありません。
ホームパーティとは異なり調理体験の共有は出来ませんが、終電を考える必要がなく時間を気にせずにいつまでも語り合える点は非常に大きなメリットです。

 

場合によってはしっかりと事情を伝える

最大の交際費削減方法は、やはり飲み会に行かないという決断です。
最終的にどうしても断らなければいけない状況に陥った場合は、誠意を持った断り方をするようにしましょう。
勉強がしたいから」「貯金の目標がある」または、素直に「お金がない」でも構いません。
誠実に進言すると共に、遠くないうちに埋め合わせを忘れずに行いましょう。

 

急な出費を埋め合わせる資金調達法について

 

自ら遊びに誘うことで無理のない節約を

交際費を削るならば、やはり外出の回数を減らす取り組みが有効的です。
しかし、誘いを断りすぎて疎遠になってしまう場合の“機会損失”はお金で修復できない甚大な影響を及ぼすと考えられます。
そのため、過度な節約は禁物です。

 

遊びに出かける際は、自らプランニングを行うことで支出のタイミングをコントロールするなどの努力をし、良好な関係を保ちながらも節約するという意識が大切なのではないでしょうか。

page top